アロマテラピーとは

skin
Standard

フランス語のアロマテラピーは、芳香を意味するアロマと、療法を意味するテラピーを合わせたもので、英語読みするとアロマセラピーとなります。フランス系のアロマテラピーは、一部のエッセンシャルオイル(精油 -wikipedia)を医薬品として、専門の医師が処方することもあり、イギリス系のアロマセラピーはマッサージと一緒に行う美容を目的としたものが主となっています。

アロマテラピーという言葉はフランス人の科学者「ルネ・モーリス・ガットフォセ」(「アロマテラピー」-wikipedia)が命名したと言われており、ラベンダーのエッセンシャルオイルをやけどに塗り、傷が治ったことから、本格的にアロマテラピーの研究を行ったとされています。

アロマテラピーは現代に生まれた言葉ではあっても、宗教活動や治療目的で、紀元前の古代エジプトの時代から現代まで形を変えながら使用されていたと言われています。

自然治癒力とアロマテラピー

アロマテラピーで使用される精油は、精油をお湯に数滴入れて手や足を浸すアロマバスや、原液を薄めたものを直接皮膚に塗ることで、皮膚の表面から深部に浸透させます。エッセンシャルオイルは皮脂に溶けやすい為、皮脂膜や角質層を通り抜けて、毛細血管やリンパ管に入り体の中に良い影響を与えます。

また、芳香成分を鼻から取り入れることで脳にも影響があると言われています。鼻の粘膜から血液に取り込まれる量はごくわずかですが、免疫力を高め、自然治癒力を向上させるといった点で、ただ「いい匂いがするだけ」ではないアロマの科学的効果は、安全な代替医療として日本でも研究が進められています。

Naverまとめ:【免疫力アップ】アロマで体調管理♪

他の神経に比べて、再生能力の高い嗅覚を刺激することで、認知症の改善効果が期待されているほか、ストレスから引き起こる様々な病にもアロマテラピーの効果が期待されています。

エッセンシャルオイルの芳香成分を吸い込むことで、心と体をリラックスさせて、ストレスを軽減し、気持ちを落ち着かせることで、自律神経のバランスを整えるなど、アロマテラピーの自然治癒力と安全性は今、医療分野でも注目されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>